ROWEN

Audi R8 Spyder/Coupe facelift 5.2(V10)
42CTYF 2013.04~2016.06

YouTube

Movieが完成しましたのでぜひご覧くださいませ。

Please have a look because Movie was completed.

WHEEL&TIRE SIZE1

WHEEL Brand / Prodrive 商品名 / GC-05N Size / F:20×9.0+35 R:20×11.0+45 Color: パールオレンジ
TIRE Brand / Prodrive 商品名 / GC-05N Size / F:20×9.0+35 R:20×11.0+45 パールオレンジ

ITEM LIST

送料表
EXTERIOR
No. 区分 コード パーツ名 材質 価格 送料 写真 仕様 説明書 備考
  A+C+E 1A007X10 STYLE KIT FRP (素地) ¥605,000 FN S-2+S-1
1 A 1A007A00 フロントスポイラー FRP (素地) ¥198,000 FN S-2
*V8共通
 
2 C 1A007J00 サイドステップ FRP(素地) ¥286,000 FN S-1
3 E 1A007P10 リアアンダーエクステンション FRP (素地) ¥154,000 FN S-1
4 1A007T00 トランクスポイラー FRP (素地) ¥154,000 FN S-1
※ Spyder用
1A007T01 Wet Carbon (素地) ¥220,000 EN
1A007T10 トランクスポイラー FRP(素地) ¥154,000 FN S-1
※1 Coupe用
※2 V8共通
1A007T11 Wet Carbon(素地) ¥220,000 EN

備考

※製品は全て未塗装となります。Wet Carbon(素地)、FRP+Wet Carbon(素地)のWet Carbon部分はクリアゲル仕上げの為、
  別途クリア塗装を施して下さい。

※商品に付属するネットは、全てシルバーとなります。
※画像の車両はイメージの為、塗分け塗装をいたしております。

------ご購入、お取付けをされるお客様へ安全の為注意事項の確認をお願いします-------
■ご購入後の改造は重大な事故や故障を招く危険性がありますので絶対に行わないようお願いいたします。

■素地製品について
・製品はゲル仕上げのため、必ず塗装してご使用下さい。
・塗装前に必ず車輌へ仮合わせを行い、フィッティング、及び取付穴の確認を行って下さい。必要に応じてヤスリ、

 及びドリル等での調整を行って下さい。

EXHAUST
No. 区分 コード パーツ名 材質 価格 送料 写真 仕様 説明書 備考
1A007Z10T PREMIUM01TR『HEAT BLUE TITAN』*5.2FSI TITANIUM ¥880,000 DN S-1

・車検非対応(競技用)

・オールチタン製

・可変バルブ付
・メインパイプ径 / Φ70→Φ60.5+50.8W

・メインサイレンサー×2(砲弾Type) 外径Φ115 

・チタンテールエンド付属
・Rowenブラストロゴ入り

・R8 GT 装着可

■チタンマフラーテールエンドのブルー発色部分についての注意事項■ 
ブルーの発色部分に高熱を当てる、溶剤で強くふき取る、擦る、などいたしますと表面の酸化皮膜が剥がれる場合がございます。また、保護ビニールの粘着により剥離する場合もございます。 取扱いには十分ご注意くださいますようお願いいたします。

1A007Z11T PREMIUM01TR『HEAT BLUE TITAN』*5.2FSI *可変バルブ付 TITANIUM ¥946,000 DN S-1

・車検非対応(競技用)

・オールチタン製

・可変バルブ付
・メインパイプ径 / Φ70→Φ60.5+50.8W

・メインサイレンサー×2(砲弾Type) 外径Φ115 

・チタンテールエンド付属
・Rowenブラストロゴ入り

・R8 GT 装着可

■チタンマフラーテールエンドのブルー発色部分についての注意事項■ 
ブルーの発色部分に高熱を当てる、溶剤で強くふき取る、擦る、などいたしますと表面の酸化皮膜が剥がれる場合がございます。また、保護ビニールの粘着により剥離する場合もございます。 取扱いには十分ご注意くださいますようお願いいたします。

1A007Z12T PREMIUM01TR *チタンテールエンド TITANIUM ¥88,000 DN S-1
・純正バンパー交換用チタンテール
・Rowenブラストロゴ入り

■チタンマフラーテールエンドのブルー発色部分についての注意事項■ 
ブルーの発色部分に高熱を当てる、溶剤で強くふき取る、擦る、などいたしますと表面の酸化皮膜が剥がれる場合がございます。また、保護ビニールの粘着により剥離する場合もございます。 取扱いには十分ご注意くださいますようお願いいたします。

備考

一覧へ戻る