PRODUCT

Audi

AUDI Q8 55TFSI quattro S-Line

  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
  • AUDI Q8 55TFSI quattro S Line
  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
  • AUDI Q8 55TFSI quattro S Line
  • AUDIQ8 55TFSI quattro S Line
BODY KIT SIZE 1 フロントスポイラー/フロントフェンダーEXT/リヤディフューザー
Front 下(↓)方向15mm
前(←)方向30mm
張出 (⇔) 20mm
Side 張出(⇔)方向15mm Rear 下(↓)方向35mm
後(→)方向35mm
張出 (⇔) 10mm
WHEEL&TIRE SIZE 1
WHEEL Brand / SAVINI 商品名 / SV88 Size / F:24×10J+10 R:24×10J+10 Color /
TIRE Brand / FALKEN 商品名 / AZENIS FK510 Size / F:295/35R24 R:295/35R24

ROWENのイメージを再構築するアウディの最上級SUV

私たちROWENと言えば、国産車ではスバル、

輸入車ではアウディというイメージを持たれている方も多いかと思います。

スバル同様、質実剛健なクルマ作りに定評があり、

それでいて国産車にはないクールなイメージを併せ持つアウディは

弊社代表も代々愛し、何台も所有してきたメイクス。

それだけに思い入れが強く、数々のトライ&エラーを繰り返して開発してきた

ボディキットの数々はどれも高い評価を得てきました。

 

Q8はそんなアウディのフラッグシップと言うべき大型SUV

アウディ自身が「SUVクーペ」と表現するように、SUVの悪路走破性を備えつつ、

クーペのように仕上げられたスタイリッシュなデザインが特徴です。

アウディならではの、しかもQ8にのみ備わる魅力を底上げすべく、

私たちはリップスポイラータイプとしてQ8 quattro S Line用ボディキットを開発しました。

 

フロントスポイラーはQ8本来のインパクトの大きさを強調し、さらに精悍さを増すものに。

SUVであることを加味し、下方向へのボリュームアップは実質的にゼロ。

使い勝手を犠牲にすることは一切ありません。

もちろん各部にROWENらしいデザインテイストも盛り込みました。

 

フロントに対してリアはインパクトに欠けると判断し、

リアアンダーディフューザーにはダブルディフューザー形状を採用。

大幅に迫力を増すデザインに仕上げました。

クールなテールライトやROWEN製リアアンダーディフューザーと相まってリアの印象を決定付けるのがリアゲートスポイラーです。

レクサスLC500で人気を博しているトランクスポイラー同様、

複雑な面構成の3Dデザインを取り入れ、

ROWENのアイデンティティを体現する形状としました。

 

敢えてインパクトを抑え、大仰に振舞わないのもアウディの魅力でしょう。

ただし、このQ8はただでさえボディサイズが大きいモデル。

サイドから見た時にどうしても間延びした印象を受けます。

そこで開発したのがフロントフェンダーエクステンションです。

サイド部の印象をガラリと変えながら、

純正のプレスラインを取り入れることで違和感ないサイドビューを構築します。

 

なお、このQ8で培ったデザインノウハウを近日中に発表するランボルギーニ・ウルス用ボディキットにも踏襲。

さらにレクサス・ニューLX、メルセデス・ベンツGクラス、

マセラティ・レヴァンテ(後期モデル)といったSUV用ボディキットも続々開発予定です。

OTHER(Audi)