TOYOTA C-HR RR   DBA-NGX50/DAA-ZYX10 2016.12~201407300352161.gif

  • Gallery
  • Price List
  • Blog Entry

Photo Gallery フォトギャラリー

只今準備中です。

BODY KIT SIZE 1 フロントスポイラー/サイドステップ/リヤアンダーディフューザー
Front 下(↓)方向+53mm(最大)
前(←)方向+30mm
Side 下(↓)方向70mm
張出(⇔)方向+0mm
Rear 下(↓)方向+75mm
後(→)方向+45mm
WHEEL&TIRE SIZE 1
WHEEL Brand/WORK 商品名/Lanvec LS1 Size/F/R 20×8.5+45 Color/ブラックカットクリア
TIRE Brand/NANKANG 商品名/ULTRA SPORT NS-Ⅱ Size/235/35R20  

コンパクトSUVを超越する「美形アーバンランナー」。


スタイリッシュかつアーバンな雰囲気が魅力的なC-HR。本来備わっているそれらの美点にスポーティーかつ軽快な要素を加え、それでいて全体のバランスを崩さないよう、ハーフスポイラータイプとしてオリジナルボディキットを完成させました。フロントスポイラー、サイドステップ、リアアンダーディフューザーには下方向のボリュームが増す安定感あるデザインを採用。より低く、よりワイドに見える視覚効果を実現しました。


まずフロントスポイラーは先代型および現行型ハリアー用、現行型レクサスRX450h ・200t用のROWEN製ボディキットの流れを汲むデザインに。控えめながら片側4発ずつのLEDスポットライトをマッチさせた造形にすることで、程良く主張のあるハーフスポイラーとして完成させました。センター下部には彫りが深めのディフューザー形状をデザイン。また、サイド部には翼端板状のディテールも取り入れました。スポーティーな雰囲気にひと際役立っているのがサイドステップです。ここにもフロントと共通の翼端板形状をデザインすることで、まるで空気の流れが見えるかのようなスピード感を表現しました。
リアもディフューザー形状を取り入れたROWENらしい造形に。ダブルディフューザータイプとし、センターにバックフォグデザインも取り入れることで、コンパクトSUVとは思えないほどレーシーなリアビューを演出することができました。ルーフスポイラーもROWENのアイデンティティを感じていただける造形。ただし、ベース部分をフローティング仕様とすることでよりスポーティーで主張が大きいものに。もちろん各部にはROWEN製品らしく塗り分けを楽しんでいただける造形も取り入れております。


ステンレス製の4本出しマフラー『PREMIUM01S』もスポーティなリアビューの構築に貢献します。レクサスRC FやGS Fを彷彿させる形状のこのエキゾーストシステムにはハイブリッド用とターボ用の2タイプをラインナップし、それぞれ純正バンパー用、ROWEN製リアアンダーディフューザー用をご用意。テールはステンレス製とチタン製からお選びいただけます。2010年4月に施行された交換用マフラー事前認証も取得。安心して乗っていただけます。

Top